SELECTION GUIDE

SELECTION GUIDE

どのタイプの保護メガネを選びますか?
ボレー セイフティはリスク別、適用場所別、様々なタイプの保護メガネを提供しています。
What is assessment of occupation hazards?
Assessment of occupational hazards involves identifying and ranking hazards in the workplace to implement relevant protective measures. It is the initial step in occupational health and safety. It is essential to check adequacy between product markings(?)and standards markings.

THERMAL RISK, サーマルリスク

サーマルリスクは、熱く熱せられた液体や固形物が飛来したとき、又は強い放射線が放出された時に高まります。ボレー セイフティはそのようなリスクに対処できるよう製品をそろえています。

たとえば、、、
熱放射はオーブンから、溶けた金属や大量の水蒸気などがあげられます。

THERMAL RISK, サーマルリスク

機械リスクは、機器のオペレーション時、鋭利な破片が飛来する、運動エネルギーが突出している時等に起こります。機械リスクを回避するためにボレー セイフティではスペクタクルタイプ、ゴーグルタイプ、フェイスシールドなど多様なタイプの保護具を取りそろています。

例えば、、、:
メタル破片や、破損したツール、機械のかけらが目に当たらないとも限りません。
切削プロセスなどは、フェイスシールドが必須です。

有害光線への被ばくリスク

有害光線によるリスクは工業・鉄鋼業・医療などいたる場所でありえるリスクです。
過剰な被ばくは、やけどをはじめとした様々な眼の病傷につながります。このようなリスクを避けるために、ボレー セイフティでは多様な種類の保護メガネを取り揃えています。

有害光線として、紫外線、赤外線、ブルーライト、ガス溶接、電気溶接、レーザーなどがあげられます。

有害光線への被ばくリスク
化学物質に対するリスク

化学物質に対するリスク

化学物質に対するリスクはどのようなフィールドでも起こりえます。
特に、微生物が繁殖しやすい医療、食品加工、ごみ処理現場で起こりやすいといえます。
汚染された飛沫が眼に飛び込んでくるリスクから守るために、ボレー セイフティでは幅広く製品を取り揃えています。

粉塵、エアゾール、飛沫、ガス、有毒蒸気など

電気リスク

アーク溶接の放電から目を守る最適の方法は、フェイスシールドを着用することです。そして、そのフェイスシールドは、メタルパーツが露出していないこと、鋭利なパーツがないことが重要です。
アーク光に起因する目の病傷には角膜の火傷、網膜損傷、結膜炎などがあります。

電気リスク

波長とUV光線

波長とは、知覚の基盤となるもので、人間には波長を感知する器官が2つあります。音を感知するのが耳で、光を感知するのが眼です。ラジオ波からガンマ波まで、波長は徐々に収縮し周波数が増えます。結果としてエネルギーが増し、目にとってより有害になります。

太陽光線は3つに分類され、それらに応じて適切な保護メガネを選ぶことが眼のリスクを軽減することにつながります。

 

1. UV光線

地球に到達する太陽光のうち5%がUV光線で、白内障の原因になったり、角膜に重大な悪影響を与えたりします。

2. 赤外線

地球に到達する太陽光のうち約50%が赤外線です。赤外線は、角膜である程度吸収されますが、ドライアイの原因となります。 

3. 可視光線

地球に到達する太陽光のうち約45%が人間が色として知覚する可視光線です。ブルーライトは知覚が最も難しい可視光線の1つです。2,3時間強烈な太陽光線にさらされることで、夜間の視覚に異常をきたします。 

人間の眼は、光線を見分けることができず、それらがもたらす結果でのみその脅威を感じるのです。