溶接業の安全基準とは?

溶接、鋼鉄、手術時における強烈な紫外線、赤外線、可視光線から作業者の目を守ることは大切です。ボレー セイフティ、スフィアフェイスガードは、高衝撃(120m/秒)からの防護性が承認され、電気閃光はヨーロッパ規格EN166によって証明されています。
質問への答え