よくある質問

規格、リスク、製品に関しての「よくある質問」より回答をお探しください

紫外線をカットする製品はありますか?<p>ボレー セイフティの保護メガネはすべて99.9%紫外線カットです。<br />屋外で働く作業員の多くは紫外線にさらされていて、ぎらつく光の中で快適な視野を確保する保護メガネが必須アイテムです。UV-A,Bの両方をカットするレンズは紫外線から確実に目を守ります。</p>

自分に最適な保護メガネを選ぶにはどうしたらいいですか?次のリンクであなたに最適な製品を見つけるお手伝いができますので、お試しください。

化学物質、工業物質、電気、熱、紫外線からのリスクに対して最も防護性の高いものはどれですか?作業環境におけるリスクに対応した製品を見つけるには、次のリンクの製品検索をお試し下さい。

なぜ、保護メガネをつける必要性があるのですか?目が危険にさらされ、保護メガネを必要とする環境は様々です。毎年起こっている目へのダメージのほとんどが、保護メガネを着用することで防ぐ事が可能です。<br />ボレー セイフティは先進的技術と最高のデザインで、ファッション性の高い究極の保護メガネを取り揃えています。

赤外線から目を守るためにはどのようなタイプの保護メガネを選んだらいいですか?現在の時点では、赤外線からの防護性を証明された製品は研究段階です。

製品の耐久年数はありますか?ボレー セイフティーの製品には特に耐久年数はありません。使用する状況やメンテナンスの状態にも耐久年数は左右されます。製品を長く使用するために、レンズやフレームに傷が付いたり、損傷を受けた場合は、純正のレンズまたはフレームに交換することをお勧めします。

製品購入後、使用前に壊れていたのですが、、、大変ご迷惑をかけいたしまして、申し訳ございません。<br />お手数をおかけいたしますが、購入された販売店・代理店までご連絡ください。

レンズに傷がついてしまったのですが?レンズに傷やひび等、破損がみられるもののご使用はおやめください。思わぬ事故の原因となる恐れがありますので、すぐに新品へ交換することをお勧めします。<br />また、使用後のメガネ・ゴーグル等は、マイクロファイバーケースやセミハードケースに保管することをお勧めします。

レンズ交換可能な製品はありますか?一部の製品で交換可能なものもあります。<br />詳しくはホームページのからお問合せください。<br />&nbsp;

交換パーツどこで購入できますか?製品をお求めの販売店・代理店にお問合せ下さい。一部の製品では、交換可能なパーツのお取り扱がございます。

製品の価格表はどこで入手できますか?お近くの販売店・代理店、もしくはカスタマーサービスへ直接お問い合わせください。<br />&nbsp;

Polalized(偏光)レンズはどのような時に使用するのですか?Polalized レンズ、フラッシュレンズは、水面や、ガラス窓などのような、乱反射によるぎらつきのある屋外での作業時の使用に適しています。<br />&nbsp;

経年したレンズのUVカットの有効性は?傷が付いたり、損傷したレンズは交換することをお勧めします。<br />もし、レンズが損傷していないようでしたらUVカット率は変わりなく有効です。<br />&nbsp;

EN166基準とは?EN166基準とは、目にダメージを与えたり、視力を損なう可能性のある、実験所や教育機関、DIY作業時などの様々な危険に遭遇する可能性のある、全てのタイプのアイプロテクターに適応するヨーロッパの基準です。原子力源からの放射能や、X線、低温源(IR)から放出される赤外線は除きます。

溶接業の安全基準とは?溶接、鋼鉄、手術時における強烈な紫外線、赤外線、可視光線から作業者の目を守ることは大切です。ボレー セイフティ、スフィアフェイスガードは、高衝撃(120m/秒)からの防護性が承認され、電気閃光はヨーロッパ規格EN166によって証明されています。

PPEに関しての企業または従業員の義務は?<strong>企業の義務は?<br />作業現場でのあらゆるリスクを究明し、調査することです。<br />リスクを取り除き、防護策を結集させ、もし、これが不可能であったり不十分である場合は個人的に防護用具を提供し、<br />現場が健康的で、かつ安全に作業ができるよう、考慮する。<br />リスクに対応したPPEを選択し、この選択肢の有効期限をチェックする。<br />そして、従業員にリスクとPPEと指導書の使用状況を知らせることです。<br />PPEを使用する従業員の訓練をし、無償で個々の従業員へPPEを提供し、<br />PPEが実際に使用されているか、また正しく使用されているか確認する。<br />PPEの状態がコンプライアンスに準じているか確認する。<br />PPEの品質を定期的に確認することが、企業の義務です。<br /><br />従業員の義務は?<br />企業内の規制に直接抵抗することです。</strong>

必要なレベルの防護性とは?機械のリスクから身を守ることはとても大切です。研磨作業や、道具からでる金属粒子の飛散など。<br />危険のレベルが、低いか、中くらいか、高いかを区別することは、AS/NZS1336は起こりやすい危険性と、そしてそれに適した防護品を明確にします。全てのボレーセイフティ保護メガネは中レベルの衝撃からの防護に適しています。

オーストラリア基準に適合するかどうか、確認するには?基準マークをご覧ください。<br />ボレー セイフティは、オーストラリア基準マークを使用することをSAIグローバルに承認されています。

検索結果なし
上記にて、適切な回答が得られない場合
ご連絡下さい