プレミアムクオリティ

私たちBollé Safetyは60年以上という長きにわたって、大事な「目」を様々な環境/要因から守ってきました。 Bollé Safetyのクオリティは、「保護めがね」を製造する過程から得られたもののみではなく、Bushnellグループ全体の種々多様な製品の開発・製造から得られた全英知を結集してつくられています。

保護めがねとして、使用者の目を最大限守ることはMUSTでありながら、「見る事へこだわる」というモットーを掲げ、グループ全体で得られる知恵や技術を踏襲し、新しい価値を付加していくのが、私たちBollé Safetyのアイウエアなのです。

「目を守る」というMUST ITEMを実現するための一つの手段として、Bollé Safetyの統括・商品開発の拠点であるフランスのオフィス(オーストラリアでは?)と関連工場(?)では、品質マネジメントシステムを導入し、ISO9001を取得しています。また、全ての製品はEN、ANSI、AS/NZS等のいずれかの欧米規格を取得しており、2014年には日本独自でJIS T 8147の承認を取得しています。
製品の品質を管理するツールである計測機器類は全て、トレーサブルで国家水準に準拠しています。

環境に優しいものづくり

環境への配慮も欠かしていません。環境マネジメントシステムを導入して、2010年にはフランスにあるロジスティックの拠点がISO14001を取得しました。また、製造から配送に至るまですべての工程/製品は、REACH(欧州連合における人の健康や環境の保護のために化学物質とその使用を管理する欧州議会及び欧州理事会規則)に準拠しています。

具体的には、リサイクル可能な素材を使う、過剰包装をしない等小さなことから、過程に於いて温室効果ガスの発生が少ない素材を使った地球にやさしい製品(日本では現在未発売)の開発等に注力しています。